台風や災害の時にやらなければいけないこと!停電の対処法をご紹介!

実際に体験しないとその恐怖が分からない災害。

何も対策もせず、巻き込まれてしまったら、どうしていいかわかりませんよね。

今回は、台風や災害に巻き込まれ、家の中で停電の被害に遭った人たちがどうしたらいいのか、まとめてみました。

どーなのくん

これから災害に巻き込まれても、きちんと自分と家族の身を守れるように記事の拡散にご協力ください。

水を確保する

酷い台風や災害に巻き込まれ、避難せずに家にいる人は必ず「水を確保しなさい」

停電するほど酷い災害に巻き込まれてしまうときは「水道も止まる恐れがあります」

お風呂、洗面器、ペットボトル、水筒、ポリタンク。とにかく何でもいいので、水道が出るだけ水を確保しましょう。

水が無ければ

  • 水分補給ができない(夏場で気温が上がって熱中症になったときは特に大変になる)電気が止まればエアコンや扇風機が使えないので、余計熱くなり、水分補給は必要になる
  • トイレができない
  • 体を拭けない
  • カップラーメンなど、水が必要なものが食べられない
  • 怪我をしたとき、傷口を綺麗にすることもできない

このような問題に襲われます。

東日本大震災の被害に遭った人たちは、これらの理由でとても辛い思いをしています。

水が復旧せず、トイレも安心にできず、食料もままならない状態で生き抜くのはとてもつらいことです。

とにかく絶対に水は確保しなさい。

本当に死にます。

どーなのくん

水が無いのは死活問題!絶対に水を確保しよう

コンセントを抜こう

停電時、落雷などの影響で、電子レンジやパソコンなどの電子機器が壊れる可能性があります。

特にパソコンは大事なデータがなくなる危険もありますので、雷が酷いときは、家電製品のコンセントは必ず抜くようにしてください。

ちなみに、電源を落とすだけでは無意味ですので、絶対に「コンセントを抜いてください」

どーなのくん

家具が壊れないようにしっかりとコンセントを抜こう

冷蔵庫の腐りやすい食材から食べていく

停電時は、すぐにカップラーメンや保存食を食べるのではなく、冷蔵庫にある腐りやすいものから食べるようにしましょう。

冷凍庫にあるお魚やお肉などがあれば、特に優先したほうがいいですね。

カセットコンロがあれば、お鍋などにもできますので、食べちゃってください。

買い物に行けるときに手に入れたいもの

災害時、電線などが落ち、復旧に時間がかかっているものの。

買い物には行ける状況になった際に、用意してほしいものを紹介します。

どーなのくん

携帯ラジオがない人は必ず買っておこう

電池

電気が使えない災害時に必要不可欠なのが電池。

携帯ラジオを聴くときに必要ですし、ものによっては、電池を使ってスマホを充電できるものもあります。

また、懐中電灯の予備の電池としても活躍します。

ローソクやライター

部屋の明かりになるのはもちろん、火が必要な時にも役立ちます。

ローソクを買いに行くときは、一緒にライターを買うのも忘れないようにしましょう。

水と食料

必需品ですね。

トイレットペーパー

いろんなときに使えます。

携帯式トイレやナプキン

水が出なくなったときのトイレに役立ちますし、ナプキンのような消耗品もしっかりと用意しておきましょう。

台風21号の被害について

今回の台風24号は、日本列島をすべて覆うように襲ってきます。

強風と雨が強く、まだ非常食などの買い物は早めに済ませるようにしてください。

また、現在台風25号も確認されています。

台風が過ぎた後に、再びやってくる恐れもありますので、天気予報は常にチェックしておきましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です