大阪西成区の簡易宿泊所で覚せい剤!?売られたり手に入れたらどうしたらいいの?

大阪の簡易宿泊所で、覚せい剤が売られていることが分かりました。

今回は、大阪の麻薬事件と

  • 麻薬を売られた
  • 麻薬を手に入れてしまった

そんな時、どうしたらいいのかを調べてみます。

どーなのくん

僕たちの身近な環境でも麻薬は簡単に手に入ってしまうんだ

大阪の簡易宿泊所で麻薬のやり取りが行われていた

大阪の西成区の簡易宿泊所で麻薬が売られていたことが分かりました。

その場所は、警察署から50メートル先の場所だったとのこと。

簡易宿泊所とは、カプセルホテルなどの安く泊まれる宿泊所のこと。

簡易宿泊所は外国人観光客もよく利用されることから、日本で麻薬を購入してしまった外国人もいる可能性があります。

仕事や旅などで、安い宿泊先を探している人は、このような場所で麻薬の密売に直面する危険性も否定できないということですね。

今回、麻薬の取引が行われていた場所は警察署の近くということから、私たちも信頼のある場所をできるだけ利用していくことが大切なのかもしれません。

麻薬を売られたときはどうすればいい?

麻薬は「あなたが意図しない突然のときに手に入ることがあります」

  • 友達の家に遊びに行ったとき、友達や周りの人が麻薬をやっているとき、ついつい自分もやってしまった。
  • 外を歩いていると、痩せるよ!とか頭が冴えるよ!とかそのような謳い文句を言ってくる麻薬の売人に出会ってしまった。
  • 興味本位でネットで買ってしまった。

このような機会にあったときは「相手の話を聞く以前にきっぱりとやらない!と断りましょう」

もしネットで購入しようとしている人は、まよわずブラウザバックしてください。

  • 街で売られそうになったら結構です!と顔を合わせずその場からすぐに逃げる
  • 友達から誘われたら、やらない!ときっぱり断り、帰れそうなら帰る
  • しつこく言われたら、何が何でも法律で禁止されてるから絶対にやらないと言い張り、その場からすぐに逃げる

このような対策が有効かと思われます。

中途半端に、笑ってごまかしたり、話だけでも聞いてみようと聞き入ってしまえば

どんどん断りづらくなってしまったり、魅力的な売り文句をどんどん言われて、ついつい手に取ってしまう可能性が多くなってしまいます。

麻薬の誘いは時間が経てばたつほど、自分に不利になってしまいますので、最初から「きっぱりとやらない!姿勢を貫く」ことが大切です。

どーなのくん

中途半端な気持ちで断っていたら、付け込まれてしまうよ!絶対にやらないという意思表示が大切なんだね

麻薬を手に入れてしまった・簡単な気持ちで手に入れてしまったときは

友達から、強引に渡されたり、興味本位で麻薬を手に入れてしまったけど「やっぱりやらない!」と思いとどまることができたら

薬物乱用防止相談窓口に連絡してみましょう。

薬物乱用防止相談窓口はこちら

電話で相談に乗ってくれますので、きちんと対応してくれると思います。

また、このような内容も一緒に相談してみてはいかがでしょうか。

麻薬の捨て方などに関する有力な情報が見つからなかったため、以下の内容は私の考えによるものです。

もしよろしければ、相談窓口に相談されてみてください。

真っ先に捨てていいか聞いてみよう

麻薬をやらない決意をしたあなたにとって一番大切なのは「麻薬を使わない」ことではないでしょうか。

であれば、部屋のゴミ箱などに捨ててしまうのではなく

トイレに流したり、海に捨てたり、粉を土の中に埋めるなどして「気が変わっても麻薬が使えない状況をまず作る」ことが大切だと思います。

このような情報が確認できましたが、一般の人が麻薬を下水に流していいのか、海などに捨てていいのかの確証が取れなかっため

連絡されたときに、提案されてみてはいかがでしょうか?

麻薬処方せんにより調剤した麻薬が、患者の死亡などにより患者の家族から返却したいと薬局に持ちこまれた場合、どうやって廃棄したらいいですか?

調剤済みの麻薬の取扱いについては、「麻薬及び向精神薬取締法」の第29条(廃棄)と第35条の2に規定されております。

調剤済みの麻薬の廃棄に関しては、必ずししも都道府県の麻薬担当官の立会いは必要とされておらず、薬局の他の職員の立会いの下、焼却もしくは酸・アルカリによる分解、粉砕して水に流すなど回収が不可能な状態にして廃棄することになります。

廃棄後、帳簿に廃棄した麻薬の品名・数量・年月日を記載し、30日以内に廃棄した麻薬の品名・数量その他厚生労働省令で定める事項を都道府県知事に届け出ます。届出の様式・方法等は各都道府県の薬務課にお問い合わせください。

引用サイト:https://www.iryoken.co.jp/pharmacy/qa/detail.html?id=167

どーなのくん

どうしていいかわからないときはすぐに電話で相談しよう

麻薬は最初から絶対にやらないという気持ちが大切

いかがでしたか。

今回は、大阪の簡易宿泊所の麻薬の出来事をきっかけに

麻薬から自分の身を守るための情報をまとめてみました。

大切なのは「最初から麻薬は絶対にやらないという姿勢を貫く」ということではないでしょうか

安易に話を聞いたり、軽い気持ちで手に入れることのないよう、しっかりと断れるようにしてください。

どーなのくん

麻薬は1回だけでも絶対にやっちゃだめだよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です