AIが仕事を代替!?電通がバナー広告を5秒間に1つ自動生成するツールを開発

どーなのくん

AIの力でバナー広告を超短時間で作れるようになったらしいよ!

電通がAIを使って広告を自動生成するツールを開発しました。このツールは5秒間に1個の割合でバナー広告を生成します。しかも、ただ闇雲にバナー広告を生成するのではなく、過去のデータからクリック率が高いデザインを選別し、最終的な仕上げは人間が行うという画期的なものでした。

どーなのくん

でも、こんな便利なツールが作られちゃって今までバナー広告を作る仕事をしていた人は、仕事がなくなっちゃうんじゃないかな?

AIが人間の仕事を代替する

今までバナー広告は人間が手作業で作っていた部分が多く、そこに多くの労力を費やしていました。しかし、このようなツールが作られたことによってバナー広告を作る人の仕事はなくなりました。

しかし、これは決してネガティブなことではありません。

どーなのくん

え!だって今までやっていた仕事がなくなってしまう人がいるんだよ!

AIがやっている作業は「新たなアイディアの創造」ではなく「既存のデータ学習した結果」を提示するものです。

これまでバナー広告の作成をしていた人々は、「既存のデータ学習した結果」を割り出すために労力を使っていましたが、その作業の手間を省かれることで、さらに「新たなアイディアの創造」に多くの労力を割くことができるようになります。

例えば、家でカレーを作るときにもわざわざスパイスの調合からルーを作る人はいません。最適なスパイス比率で作られた市販のルー(既存のデータ学習した結果)を使いますよね。

そのあとに使われる具の種類や調理方法などの工夫によって、個性のあるカレー(新たなアイディアの創造)が生まれるのです。

個性のあるカレーを作るには、うまく既存の製品を利用しながら作ることで、より調理方法に工夫を加えることができるようになります。

つまり、AIが仕事の全てを代替するのではなく、AIと人間が共存することによって、より人間が人間にしかできない仕事ができるようになるのです。

どーなのくん

全てがAIの仕事になるんじゃなくて、AIと人間が共存するようになるんだね!

変わっていく仕事の形

もちろんバナー広告だけでなく、AIが作業を代替していく仕事はこれからものすごい勢いで増えていくはずです。

例えば、市役所の公務員などが行う手続きなどの単純な作業はAIでも仕事が代替できるようになります。また、税理士や会計士などの数字を扱う仕事もAIで事足りるようになるでしょう。

逆にAIではできない「新しいアイディアの創造」が必要な仕事は人間にしかできません。

例えば、小説家やアーティスト、教育などの仕事はAIと共存することで、さらに働きやすくなり、より素晴らしいアイディアを出すことに注力できるようになります。

どーなのくん

これからはAIにできることはAIに任せて、人間にしかできない仕事にフォーカスしていくべきなんだね!

これからの未来が私たちにとって働きやすい未来になるのがとても楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です