傘を持たない時代がきた?ドローンによる手持ち不要の傘が発表

どーなのくん

手持ち不要の日傘が発表されたみたいだよ!傘をくっつけたドローンが人間の頭を追っていくことで可能になるみたい!

アサヒパワーサービスが手持ち不要の日傘「free Parasol」を発表しました。

こちらはシートをくっつけたドローンが、利用者の頭の上を飛行することで機能します!

「free Parasol」の価格は3万円程度となっていて、改革的な技術としてはお手頃な値段設定になっております!

どーなのくん

でも、一体誰がどこで使うのかな?

当面の使用目的

当面はゴルフ場や市街地以外のような人が少ないところでの「おもてなしグッズ」として活用されることが予想されています。

事実、法律上の問題などがまだまだあり、一般的に活用することは難しい状態です。

また、現在のドローンの飛行時間は20分と少なく、改善の余地がまだまだ見られます。当面の間はレジャー気分で利用するお客さんが増えるのではないでしょうか?

ただ、「free Parasol」は将来的には雨傘としての活用や、飛行時間をさらに伸ばすことを考えています。

特に体が不自由な人にとっては非常に助かる製品になります!早く実用化されて欲しいですね。

ドローンがイノベーションに?

「free Parasol」のようにドローンが新しい技術として、私たちの生活を大きく変えていくことは容易に予想することができます。

もちろんすでにドローンは、これまで不可能だったことをいつくも可能にしています!ここからは、現在活用されているドローンの例をいくつかご紹介します。

救助用ドローン

災害時などの救助活動にもドローンは利用されています。

最近だと、2017年に発生したカリフォルニア大火災では、燃えている現場の状況確認のためにドローンが使われ、大活躍をしました。また、日本の消防でもドローンを試験運用したことろ、しっかりと現場で役立つことが証明されています。

このような人間の力ではどうにもならない状況でも、ドローンは対応することができるのです。

どーなのくん

ドローンの発明で救われる命も増えてくるんじゃないかな?

農業用ドローン

農業用ドローンは主に以下の3つの目的で使われます。

  1. 農薬散布
  2. 精密農業
  3. 害獣対策

この中でも、農業散布は特に有効的に利用されています。

日本の水田や畑の面積は非常に広く、農薬を散布するにも多くの労力を使ってしまいます。しかし、ドローンを活用することによって人間が労力を使うことなく農薬を散布することができるようになります。

このように、ドローンは私たちの仕事の効率化にも活用されています。

まとめ

ドローンは私たちにできない「空を飛ぶこと」を代替して行うことができます。すでに私たちにとって空中で行動することは当たり前のことになりつつあるのではないでしょうか?

これからのドローン技術の発展が非常に楽しみですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です