iPhoneがスマホ中毒の対策で制限機能を発表!気になる新機能の内容は?

どーなのくん

iPhoneがスマホ中毒の対策のために制限機能を発表したよ!

6月4日、Appleがスマホ中毒を対策できるiPhoneの新機能を発表しました。

今回のアップデートは、最近問題となっているスマホの中毒性の対策に大きく注力されていることが特徴です。スマホ中毒を対策するための多くの機能が追加されており、今後増大していくスマホ中毒の危険性を、Appleがしっかりと予想していることがわかりますね。

その中でも魅力的な4つの機能をご紹介します!

①通知が一切表示されないようにする機能

スマホを持っていると、LINEやTwitterなど通知が鳴り止まないことってよくありますよね。わたしたち現代人は通知の音に非常に敏感になっており、通知が来るたびにどんな情報が更新されたのかと、集中力を乱してしまう原因になっています。

そんな問題を解決するために追加されたのは、通知が一切表示されない機能が追加されます!

この機能は、一時的にスマホが発する通知を全部シャットアウトする機能です。この機能を利用することで、現実世界の作業や体験に集中することができるようになります。

どーなのくん

スマホに気を取られないことは、現実の世界に集中することができるってことだね!

夜間に見逃した通知を朝まとめてみれる機能

夜寝ている間も、わたしたちのスマホからの通知は鳴り止みません。

そこで、夜間の通知をシャットアウトし、朝の目覚めと同時にまとめて通知してくれる機能「グッドモーニング」が追加されます。

この機能の素晴らしいところは、朝に通知されるたくさんの情報を要約してくれることです!「夜間の通知を全部まとめてみていたら大変だ」という意見にしっかりと対応されています。

どーなのくん

夜間のリラックスしている時間は通知を気にせずに、朝の仕事モードになってから通知を見ることができるんだね!

スマホの利用状況を確認できる機能

皆さんは自分がどのぐらいスマホを使っているかご存知ですか?自分がスマホを使っている時間がどれぐらいなのか気付くだけでも、スマホの利用時間は減らすことができます。

1日に3時間も4時間もスマホを使っていたら時間の使い方を考えますよね(笑)

そんな人のために、スマホの時間を可視化する機能「スクリーンタイム」機能が追加されます。

スクリーンタイムはアプリの利用時間を表示したり、通知が最も多いアプリを教えてくれたりと、利用状況を細かく教えてくれます。

しかも、スマホ利用に制限時間を設定しておくと、利用者にスマホを強制的にやめさせることもできるのです!。

スマホの強い刺激から自分を律するためにも、とても良い機能ですよね!

どーなのくん

ついスマホを使ってしまいがちな人にはもってこいの機能だ!

ベアリング機能

お子さんのスマホ利用にもしっかりと目を向けているのがAppleの凄いところです!

子供のスマホ利用を制限するベアリング機能が追加されました。昨今の子供のインターネット問題は世界中でも問題になってるため、世のお父さんと母さんたちにとっては非常に嬉しい機能になるでしょう。

どーなのくん

子供のSNS問題にもしっかりと配慮がされているね!

iPhoneの新しい機能はいかがだったでしょうか?

今後はスマホ中毒の問題は加速していくことが予想されますが、スマホ中毒への対策も増えていくでしょう。

スマホと自分がどのように向き合っていくのか、これからは個人で考えていかないといけないですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です