JTBが無人店舗を発表!これからの無人サービスと仕事の変化

どーなのくん

JTBが無人で接客を行う店舗を新設するらしいよ!

JTBは、無人で接客を行う店舗の新設を発表しています。

手始めとして6月15日「イオンモールいわき小名浜」に新設されることがわかっています。

どーなのくん

どうやって無人店舗で接客をするんだろう?

JTB無人店舗の接客方法

無人店舗といっても、ただパンフレットなどが並んでいるお店ではありません。
無人店舗の中にはモニターがあり、オンラインでJTBから接客を受けることができます!

モニターを通しての接客を生かして、その場でプランの詳細を画面で確認したり、動画や写真を見ながらわかりやすい説明を受けることができます。

また無人店舗ですが、クレジットカードなどを利用することでその場で代金を支払うことができます。
無人であることがデメリットにならないような仕組みがたくさんありますね!

どーなのくん

最近では旅行のネット予約とかも増えてきているから、若い人たちにとっては気軽に使えそうだね!

JTBの社長曰く、「今後は有人店舗を少なくし、無人店舗の割合を増やして行く」ことを検討しています。

しかし、有人店舗が全てなくなるわけではありません。

どーなのくん

え!人件費も削減できるし、利用者も気兼ねなく使えるし、無人店舗はいいことだらけなのに!

やはり、高齢者からは有人店舗のニーズが多く、機械への知識不足や臨機応変の対応がネックになります。

このように、今後のJTBは無人店舗と有人店舗の2本柱で接客サービスを充実していくことがわかっています。

増加して行く無人サービス

最近では無人サービスがすごい勢いで増加しています!

オックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン准教授の研究によると、今後10年~20年で人間の仕事の約半分が機械に奪われるという予測をしています。

では、現在どのようなサービスが機械に変わることがわかっているのでしょうか?

無人コンビニ

超有名企業Amazonは、すでに無人コンビニを実現しています!

Amazonが手がける無人コンビニ「AmazonGO」は、JTBの無人店舗とは違い、人が介入することはありません!

コンビニ内では、人の動きや商品の動きをカメラや音が探知することにより、自動で会計を済ませることができるのです!

どーなのくん

すでに無人サービスの技術はここまで成長しているんだね!!

詳しくは以下の記事をご覧ください。

アマゾン・ゴーが新しく2店舗開店!レジなしコンビニの仕組みとは

無人タクシー

2030年には自動運転技術が完全に発達し、全ての車が自動運転になることがEUで計画されています。

自動運転が可能になれば、タクシーやバスの運転手は不要になりますよね!

また、運転手がいない分運賃は格安になり、私たちの移動費の負担は大幅に少なくなって行くことがわかります。

どーなのくん

車の自動運転が確立されれば、交通費を気にせずいろんなところへいけそうだね!

詳しくは以下の記事をご覧ください。

今の車はあと12年でなくなる!EUが完全自動運転社会を宣言

変わっていく仕事

一昔前までは、エレベーターにも接客をする人がいましたよね。
しかし、機械への関心が高まってくるにつれて、エレベーターガールはいなくなっていきました。
今では誰もがエレベーターを操作することができます。

その時と同じように、国民の機械へのリテラシーが上がって行くことにより、無人サービスへの抵抗はだんだんとなくなり、マイケル・A・オズボーン准教授が予想する未来へ着々と進んで行くのではないでしょうか?

ターニングポイントはもう目の前です!私たちが現在やっている仕事はどれだけ残るのでしょうか?

今後の無人サービスの増加と仕事がどうやって変わって行くのかが非常に楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です