中井りかに殺害予告?中井の経歴と過激なアンチが出る理由とは 

どーなのくん

AKBグループの人気アイドル中井りかに殺害予告が出ていたことがわかったよ!

AKBグループのアイドル中井りかに殺害予告が出ていたことが、6月10日放送の「行列のできる法律相談所」で明らかになりました。

本人曰く、殺害予告は初めてではなくこれまで何度も受けたことがあり、非常に困っているとのことでした。

どーなのくん

アイドルの殺害予告はたまに聞くけど、何回もあるなんて!どうして中井さんはアンチに狙われているんだろう?

中井りかってどんな人?

中井りかは富山県出身、1997年生まれの20歳。AKBグループのNGT48で活躍中の人気アイドルです。

中井りかの極度の塩対応から、ファンからは「りか姫」の愛称で呼ばれています。
どれだけの塩対応かというと、AKBグループ恒例の握手会では、嫌な人とは握手を全くしないという…

どーなのくん

えー!お金を払って来ているファンに対してなんて塩対応なんだ!

また、動画配信アプリshowroomの放送でもファンへの塩対応は目立っている。

ここまでの塩対応アイドルはAKBグループ史上、後にも先にもいないのではないでしょうか?

しかし、中井りかのルックスの良さや塩対応の話題性などから、NGT48のシングル曲のセンターを務めたり、2017年のAKB選抜総選挙では23位にランクインするなど、人気をしっかりとキープしているのです!

どーなのくん

そんな塩対応の中井りかさんは、これまでどんな経緯でアイドルになったんだろう?

中井りかの経歴

マーチンさん(@7muramasa20)がシェアした投稿

中井りかは幼稚園の頃から人前に立つことが好きだったのですが、小学校時代から周りと馴染めなくなってしまいました。その頃から他人に対して、あまり好意的な感情が持てなくなってしまったのではないでしょうか?

どーなのくん

塩対応の原因は幼少期にありそうだね…

小学校では、人とあまり関わることができずに過ごしていましたが、そんな時に心の支えとなってくれていたのが、AKB48の存在でした。

AKB48を見て、「自分もこんなアイドルになりたい」と考えていた中井りかでしたが、高校卒業まではアイドルではなく、保育士になるべく勉強を続けていました。

しかしアイドルの夢を諦めることができず、高校3年生の時に、ついにAKBのオーディションを受けます。

結果は見事合格。2016年にはAKB48の46枚目シングル「ハイテンション」で選抜メンバー入りを果たし、CDデビューとなりました。

また、2017年にはNGT48のデビューシングル「青春時計」でセンターポジションを務め、驚きのスピードで人気を集めていきました。

2018年の1月には自身初のソロコンサートを開催するまでに成長しており、アイドルとしては順調に歩みを進めているのではないでしょうか?

しかし、中井りかの塩対応はファンだけでなく、グループ内でも目立っています。
アイドルならではの華やかな活動を送れているわけではないみたいです…

AKBグループ内での中井りか

中井りか本人曰く、グループ内ではいつも孤立していると言っています

どーなのくん

ここまで人気のあるアイドルなのに、グループ内で孤立しているなんて…

メンバーには友達がおらず、楽屋内ではいつも一人で音楽を聴いているとのことです。

筆者個人的には、中井さんの塩対応には必ず原因があって直すことができるのではないかと思います。

中井さんの心がいつか壊れてしまうのではないかと心配です…

と言っても、中井りかの人気が出てきたのはまだ始まったばかりです!今回の話題でさらに人気を集めるのではないでしょうか?

これからの中井りかの活躍が楽しみですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です