スイスでオンラインカジノが解禁!日本が参考にするべきスイスの政治とは

どーなのくん

スイスでオンラインカジノが解禁されたみたいだよ!

6月10日、スイスの国民投票でオンラインカジノの運営を認める新たな賭博法が可決されました。
賛成意見73%、反対意見27%の可決ということで、今回の法改正にはしっかりと国民の意見が反映されている。

スイスは以前からカジノが合法化されています。
カジノの法整備がまだされていない日本にとって、スイスの今回の政策は非常に参考になりますね。
ただ、日本がこれだけの出来事で動くかどうかは疑問ですが…

逆転の発想で国民の意見を取り入れるスイスの政治

スイスは今回のように「逆転の発想」をすることで、国民の意見を取り入れていることが多いです。

カジノ対策でカジノを推進!

スイス政府はオンラインカジノを合法化することで収益を拡大。その収益からカジノ依存症に一層力を入れていくことを発表しています。

どーなのくん

カジノ依存症を対策するために、カジノ依存になりそうなオンラインカジノを導入するなんて!スイスの取り組みは革新的だね!

スイス政府からすると、カジノ依存症の対策のために資金が必要。
国民からすると、オンラインカジノを合法化してほしい。

この2つの意見をうまく取り入れることができるのが、オンラインカジノの合法化です。

日本だったらこのような決定を下すのは難しいでしょうね…

どーなのくん

日本だったら、カジノを最初から導入しないという意見が多そうだね

また、今回のカジノ以外にも、スイスは革新的なアイディアで対策をしているものがあります。

麻薬対策で麻薬を推進!

スイスでは麻薬対策も逆転の発想で行われています。

本来麻薬中毒者に対しては、構成のためにリハビリを繰り返し、禁断症状が出ないよう長い年月をかけて更生します。

しかし、スイスは違います。

重度の麻薬中毒者は更生が非常に難しいです。そこで、スイスは麻薬中毒者に対して麻薬を与え続けるという対策をとっています。

どーなのくん

え!麻薬中毒者に麻薬!?一体なんでそんなことを…

麻薬中毒者の危険性は、麻薬を投与できないことによる禁断症状にあります。定期的に麻薬を摂取することができれば、禁断症状は現れず、普段は問題なく過ごすことができます。

どーなのくん

禁断症状を出さないために、いっそ麻薬を投与し続けるなんて…これも日本では考えられないね…

このような逆転の発想が現実に行われているスイスですが、国自体もしっかりと安定していて、国民の意見も取り入れられているのが素晴らしいですよね!

日本が見習うべきスイスの革新的アイディア

スイスと比べてみると、日本の政策は単調に思えませんか?

例えば、最近では国際化が急速に進んでいるため、英語教育が重要視されています。

そんな中で文部科学省がとった行動は、英語授業の時数増加のみ。

ただ授業回数を増やしただけです。
それに伴う他教科の授業時数の減少や、外国人英語教師の派遣などのサポートは一切行われません。

このように、日本の政策は課題に対しての解決策が単純すぎて、結果解決になっていないことが多いように思えます。

これも、日本の国柄なのだと思いますが、影響を受ける国民たちはたまったもんじゃありません。

今回のスイスの革新的なアイディアを日本の政府もぜひ参考にしてもらえればと、心から思います…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です