おじゃる丸の声優が強制降板?小西寛子がNHKの全面否定と真っ向対立

どーなのくん

元おじゃる丸の声優の小西寛子さんがNHKに強制降板させられたことが話題になっているよ!

声優小西寛子さんが18年前に、おじゃる丸の声優をNHKから強制降板させられたことが話題になっています。

このことは小西寛子さん自身のTwitterで明らかにされ、まだ事実であるかどうかはわかりません。

どーなのくん

NHKが強制降板させていたなんて…一体どういう経緯でそんなことに?

声優小西寛子強制降板の経緯

事件の経緯は、18年前まで遡ります。
小西寛子さんは、いつものように番組用のおじゃる丸の声を収録していました。

しかし、その日に収録した音声は番組用ではなく、「おじゃる丸人形」や音声商品用に音声が使われていたことが小西さんの耳に届きました。

そのことを全く知らされていなかった小西さんはNHKに確認をとります。
すると、プロディーサーから「生意気だ! 黙って言うとおりにしないとアニメ業界で仕事できなくしてやる!」とものすごい剣幕で責められました。

その後まもなく、小西さんの元に契約終了の手紙が届き、小西さんは降板させられたのだと受け取りました。

この時、小西さんは次回も当然のようにおじゃる丸の声優を担当するつもりだったのに、契約終了の通知が届いたことに驚きを隠せなかったと言っています。

どーなのくん

なんだこの事件!?これだけ聞くと、小西さんは一切悪くないように聞こえるけど

この18年前の事件に対して、NHKは以下のようにコメントしています。

「ご指摘のような音声の無断使用の事実はないと聞いています。関連団体の担当者もツイッターにあるような発言はしていないと話しており、外部の関係者を含めさらに確認を進めています。契約満了まで務められており『収録の話が来なくなった』というものではないと考えています」

NHKは小西さんの告発を真っ向から否定しており、現在意見が対立しているところです。

小西さんはNHKの態度に対して、「法的な手段を検討することになると思います」と強気の発言をしています。

小西さんは18年前の事件の音声データを証拠として保存していると言っています。今後の騒動がどのように進行していくのか目が離せません。

どーなのくん

でもなんで18年前の事件を今頃になって?

NHKに告発した経緯

今回小西さんが18年前の事件を告発したのは、最近同じようにNHKの事件に巻き込まれてしまったことが理由だと言っています。

NHKはその放送内容から清楚なイメージを持たれることが多いですが、実際のNHKはどうなのでしょうか?

どーなのくん

受信料の取り立てとかも強引なところが多いし、NHKってなんだか怖いなぁ

元おじゃる丸の声優小西寛子の経歴

Z Kさん(@ziiieeeeek)がシェアした投稿

元おじゃる丸の声優小西寛子は1975年生まれの42歳。現在タレント活動、シンガーソングライター活動を中心に行なっています。

子供の頃から母親と舞台に通っていて、演劇への強い憧れを持っていました。

その後風の谷のナウシカを見たことをきっかけに、声優という職業に興味を持つようになります。高校生の時には、すでに声優学校や演技研究所などで演技を学び、在学中に声優デビューを果たします。

その後は事務所を転々としながら様々な活動を行なっています。

実は、今年新しく小学校で教科化された道徳の授業の映像教材におじゃる丸が使われており、その声優として出演しいていることがわかっています。

小西寛子さんの代表的な作品には以下のものがあります。

  • 「おじゃる丸」ー坂の上おじゃる丸
  • 「デジモンテイマーズ」ー高石タケル
  • 「浦安鉄筋家族」ー菊池あかね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です