セブンがネットコンビニを開始!気になる料金と実用性

どーなのくん

セブンイレブンがネットコンビニを始めるらしいよ!

どーなのくん

最近はなんでもネットで買い物ができるようになってきたけど、ネットコンビニは流行るのかなぁ?

5月10日、セブンがネットコンビニを来年度中にスタートすることを発表しました。

ネットコンビニとは、スマホでパンや飲み物などの商品を選び、指定の場所まで届けてもらうというサービスです。Amazonのコンビニバージョンと考えるとわかりやすいでしょう。

どーなのくん

でもセブンはどうしてネットコンビニを始めようとしてるの?

ネットコンビニ開始の理由

全国のセブンイレブンには合計で1500億円以上の在庫があり、それを効果的にお客さんの元に届ける方法がないか考えた結果、ネットコンビニという手段にたどりついたようです。

どーなのくん

1500億円!?そんなに在庫があるんだね

どーなのくん

でも、確かに店頭販売以外の購入方法があれば、売り上げは伸びるかもしれないね!

ネットコンビニの実用性

どーなのくん

ネットコンビニが楽なのはわかるんだけど、手数料とか考えるとあまり利用しない気がするなぁ

セブンはネットコンビニのサービスを以下のように設定すると考えています。

  • 注文は1000円以上から
  • 手数料は216円
  • 3000円以上の購入で手数料無料
  • 最短2時間の配達時間でお届け

どーなのくん

なんだか微妙な設定だね…流行るのかなぁ?

おそらくこのネットコンビニのターゲットは若者や社会人向けではなく、高齢者や育児に忙しい主婦などをターゲットにしているのではないでしょうか?

というのも、現在北海道で実験的にサービスを行ったところ、ネットコンビニの利用者は30~40代の女性が多かったことがわかっています。また、その注文内容は大きい商品や、重たい商品であることがわかりました。このような結果から、外出する時間が取れなかったり、大きい荷物を持つことが困難な、主婦や高齢者にとって非常に有益なサービスであることがわかります。

しかし、ランチの時間を外出することなく済ませたい社会人や、飲み会中にお酒が足りなくなった若者など、ある程度はどの層にも需要がありそうです。

どーなのくん

でも、コンビニの負担はどうなのかな?

懸念されるコンビニの負担

セブンはネットコンビニの受付を24時間対応として発表しています。では、実際に全国のセブンイレブンは24時間デリバリーに対応することができるのでしょうか?Twitter上ではセブン定員からの不安な声も上がっています。

この問題をどのように解決するのかはセブンから発表されていませんが、ネットコンビニの実施は来年度になります。セブンがこういった課題をどのように解決してネットコンビニを有効的に行っていくのか、今後の動きに期待しましょう。

どーなのくん

もう外に出なくてもなんでもできる時代になってきてるね!時代の流れって恐ろしい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です