小学生を抱える仕事で忙しい働くママさんが夏休みにやる対策をまとめてみた

小学生の夏休み。お子さんにとっては、いろんな経験ができる貴重な時間ですが

働くママさんにとっては、心配ごとも多いですよね。

そこで今回は、小学生を抱えるママさんが、夏休みに行う対策や一緒に行きたい観光スポットをまとめてみました。

どーなのくん

夏休みの子供のお昼ご飯や防犯対策をきっちり考えよう!

ママさんが抱える小学生の夏休みで不安なこと

小学生を抱えるママさんが不安なのが、学校がない夏休みに、子供を一人にしてしまうこと。

いろんなママさんも、あれやこれやと手を尽くし、乗り切っていますが、子供を1人にしてしまうことや誰かに預けることに罪悪感を感じる方もいるでしょう。

また、夏休みの宿題はたくさんあるため、きちんと見てあげないと、難しかったり、後にため込んでしまうこともあるかもしれません。

せっかくの機会ですから、子供と遊びに行きたい方も多いでしょう。

ここでは、まだ1人にさせておくには心配なお子さんと、どうやって一緒に夏を乗り切るか、様々な情報をまとめてみました。

夏休みは子供のお昼ご飯を用意しよう

夏休み中、たくさんのママさんが不安になってしまうのが、お昼ご飯。

学校があるときは、給食が出るので、気にする必要はなかったと思うのですが、夏休みはそういうわけにはいきません。

だからと言って、毎日朝からお弁当を作る時間が取れない方も多いのではないでしょうか?

そんな方は、以下のようなものを買いだめしておくといいかもしれません。

インスタントラーメン

・レトルトカレー

・レンジでチンしてすぐに食べられるチャーハンなどのインスタント商品

このようなものをたくさん買いだめしておけば、小さなお子さんでも簡単にお昼ご飯を食べることができるでしょう。

もし、電気ケトルをお持ちでない方は、この機に用意したほうがいいかもしれませんね。

どーなのくん

簡単に食べられるものを用意しておくのも大切だけど、栄養が偏りすぎないように気を付けよう

簡単に作れるお留守番ご飯

インスタント商品は便利ではありますが、毎日続けば栄養が心配になりますよね。

また、熱い物ばかりなので、夏には特に辛いことも。

そこで、朝に簡単に作れるお昼ご飯をピックアップ!

・おにぎり

明太子やチーズなど、子供が大好きな具材を1人にしてごめんね。とお詫びにたくさん入れてあげた、おにぎりは、きっとお子さんの心を温かくしてくれるでしょう。

ご飯をちょっと多めにたいて、朝ご飯のついでに作ってしまえますので、余裕がある方は、作ってあげてくださいね。

・サンドイッチやトースト類

トマトやレタスなどを軽く挟んでサンドイッチは、朝に簡単に作ることができちゃいます。

朝ご飯にトーストを食べている方は、いつもより多めにパンを焼いて、新鮮な野菜やハムを挟みましょう。

オシャレに切ってあげるだけで、ずいぶん見栄えもよくなりますよ。

お子さんのお昼ご飯が、インスタント食品ばっかりの時は、野菜も一緒にとれるので、一石二鳥ですね。

・サラダ

豆腐やトマト、レタス、キュウリなどを食べやすいサイズにきって、冷水と氷を入れた器に入れて、冷蔵庫に入れておけば

キンキンに冷えたおいしい夏野菜をお昼に食べさせてあげられます。

夏バテ解消にいいですし、冷たい食事が食べられるのもありがたいですね。

冷蔵庫に食べ物を入れて置くときは、落として器を割ってしまわないように気を付けてください。

割れない器を用意しておくといいかもしれませんね。

・パスタやうどんなどの麺類

茹でるだけの麺類は、ちょっとしたアレンジを加えるだけで、おいしいお昼ご飯に早変わり!

朝起きて、支度をしている間に、パスタを茹でておけば、パスタソースと組み合わせるだけで食べられます。

うどんは茹でておいて、ネギやわかめ、トマトやキュウリ、小松菜などの野菜と一緒に冷蔵庫に入れておけば、栄養の取れる冷やしうどんの出来上がり!

どーなのくん

これだと簡単に作れて、夏野菜の栄養も取れるから便利だね!

ママと子供が決めておく防犯対策:家の中編

子供を家に1人にするときに怖いのが、防犯対策。

ここでは、ママと一緒に決めておきたいルールを紹介していきます。

・部屋のカギは締めておく

泥棒や悪質な人の被害にあわないように、カギを閉めるのは忘れずに。

また、チャイムが鳴ったとしてもお子さんには絶対に外にでてはいけない。といったルールを決めておくといいでしょう。

・緊急時の連絡先をきちんと教えておく

1人でいるときにトラブルに巻き込まれてしまった時、子供がどうしていいかわからず、パニックになったときなどに備え

緊急の連絡先を教えておくといいでしょう。

パパとママのケータイの電話番号を家の電話に貼っておくといいかもしれませんね。

お子さんにケータイを持たせている方は、ママかパパ以外の電話には出ないように!と決めておくのもいいでしょう。

どーなのくん

子供をしっかり守るためにも、ルールはきちんと決めておこう

ママと子供が決めておく防犯対策:外出編

防犯対策をきちんとすること、家の中で子供を守ることは大切なことですが

せっかくの夏休みは友達の家や公園にも遊びに行きたいですよね。

また、学校でプール開きがあるときは泳ぎに行きたいはず。

ここでは、子供を外出させる際に、決めておきたいルールを紹介していきます。

・イカのおすしってご存知ですか?

あちこちの学校で教わると思いますが、外出時にはこの「イカのおすし」を覚えることがとっても大切。

・イカ:知らない人について「イカ」ない

・の:知らない人の車に「の」らない

・お:「助けて!」と「お」おごえでさけぶ

・す:こわいことがあったら「す」ぐにげる

・し:どんなことがあったのか保護者や先生に「し」らせる

参考、および引用サイト

ALSOK

三島市

・防犯ブザーを持たせよう

突然怪しい人に使った時や緊急時のために防犯ブザーを用意しておくのも大切。

また、用意した後は、使い方を改めて確認することも大切。

ピンと物とつなげておくグッズが一緒になっているものは、突然ピンが抜け落ちて、突然大きな音が鳴ることも考えられます。

子供を守る防犯ブザーが、逆に子供を困らせてしまうこともあり得るかもしれませんので、使用感などを入念に確かめておくことも忘れずに。

・どこにいくのか必ず知らせる

学校のプールや友達の家に行くときなど、家から出るときは

メモを残してもらったり、可能であれば電話をしたもらうようにしてもらうといいでしょう。

ケータイを持たせている人は、メールをしておくのもいいですね。

子供と仲のいい友達のママと上手に連携を取ることも意識しておくといいかもしれません。

どーなのくん

大切なのは「イカのおすし」だね!

熱中症対策は絶対に忘れずに

子供を家に残すときは、必ずクーラーや扇風機をすぐに使えるようにしておきましょう。

室内でも、熱中症になる可能性はあります。

そんなとき、室内を冷やすことができず、外に出てはいけない!とルールを決めていては、大変なことになることも考えられます。

エアコンのリモコンがどこにあるか、お子さんはわかっていますか?電池は切れていませんか?

変えの電池を確保するのはもちろん、エアコンの使い方をしっかりと教えてあげてください。

もちろん、外出時に水筒、帽子、自販機で飲み物を買うためのお金を持たせることも大切です。

どーなのくん

熱中症は最悪、死に至ることもあるんだよ!

夏休みにお子さんを預ける場所について

夏休みに、どこかにお子さんを預ける際にはどのような候補が挙げられるのでしょうか?

・祖父や祖母のいる実家

子供を預けるの一番信頼できるのが、実家ではないでしょうか?

ですが、実家から遠く離れた場所に暮らしている、実家の人達と仲が悪いというった方は

なかなかお願いすることが難しいでしょう。

また、お子さんがおじいちゃんが嫌だ!と実家に行くことを嫌がることも考えられますので、実家だけでなく、いくつか当てを用意しておいたほうがいいかもしれません。

・学童保育

夏休みにもやっている学童保育。学校では友達もたくさんいますし、一緒に宿題も出来るので、とってもありがたいですよね。

1人にしておくのが不安な方は、学童保育も検討してみてください。

・友達の家

本当に信頼できる!という友達がいれば、友達に面倒を見てもらうのもアリでしょう。

このような候補が挙げられます。

また、ママ友と協力して、お互いの家にお泊りさせ合うというのも1つの手でしょう。

習い事をしてもらうのもありかもしれませんね。

夏休みに子供と行きたいおすすめスポット

・動物園

お子さんが一度は行ってみたい観光スポットと言えば動物園!

夏休みはお出かけに絶好なタイミングですので、野生の大きな動物を思いっきり堪能させてあげてみてはいかがでしょうか?

足を運ぶ際には、水筒や帽子など、熱中症対策をお忘れなく!

・アスレチックや室内アスレチック

アスレチックはママさんの運動不足解消に役立ちます。

また、意外に思われるかもしれませんが、室内で楽しめるアスレチックがあちこちで増えていることをご存知ですか?

天候を気にせず遊ぶことができ、ボールプールやトランポリンなど、室内アスレチックならではの遊びを体験することができます。

友達と一緒にいくのもいいですね。

・プールや海

熱い夏の気分転換に最適な海やプール。

家族で思いっきり、遊んでみてはいかがでしょう?

遊ぶ時は、はぐれないように気を付けたり、危ない場所へ行かないように注意してくださいね。

突然の水分補給など、ある程度の小銭やお金を用意しておくことも大切です。

・景色がきれいな絶景スポットやお祭り

夏はいろんな花が咲きます。

美しい花のフェスティバルは、その季節にしか見れない絶景を堪能することができますよ。

また、お祭りは夏の醍醐味。綿菓子、焼きそば、たこ焼きなど、お祭りで食べたい!と思えるものはもう堪能しましたか?

まだ足を運んでない方は、ぜひ行ってみてください。

夜に開催されていることが多いですので、仕事終わりに、お子さんと一緒に遊びにいけますね。

・遊園地

一度遊びに行けば、一生の思い出にもなる遊園地。

連休が取れる方は、思い切って泊りがけで遊んでみるのもグッドかも。

ママともたちも一緒に誘ってみるのもいいですね。

どーなのくん

子供の時しかない夏休みは、たくさん思い出を作りたいね

子供と一緒に夏を乗り切ろう

どーなのくん

子供と一緒にルールを決めて、夏を乗り切るのが大切。ほかの人にもこのサイトを教えてあげてねhttps://yononaka-do-nano.net/735.html

この記事のURL:https://yononaka-do-nano.net/735.html

いかがでしたか?

今回は働いているママさんが夏休みのお子さんのために取らなければいけない対策をまとめてみました。

寂しい思いをさせたり、防犯から守るために、いろいろとルールを覚えてもらったりと、子供にとっても大変なことはあると思います。

ですが、一緒に楽しい夏を過ごすためにも、きっちりとルールを決めて乗り切ることが大切なのではないでしょうか?

ほかのママさんにもこの記事を教えてあげてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です