電子タバコで吸う覚せい剤リキッドが日本でみつかる!近くの人も吸うことに?

電子タバコを使って麻薬を吸うことができる覚せい剤リキッドを熊本県警が押収しました。

人前で吸ってもばれにくい覚せい剤リキッドが、これから日本に広まれば、たくさんの覚せい剤が蔓延するかもしれません。

どーなのくん

人前で吸ってもばれにくい麻薬って怖いよね

覚せい剤リキッドって何?

※画像は実際に使われているものではなく、電子タバコを吸っているフリー素材です。

今回見つかった覚せい剤リキッドは、電子タバコを使って吸うことのできるタバコです。

電子タバコと言えば、皆さんはアイコスなどを想像されると思いますが、おそらく使われているのはそれではなく、水蒸気で香りなどを楽しめる電子タバコのことだと思います。

というのもリキッドは「液体」という意味で、電子タバコを吸うための液体の入ったカートリッジのようなものに麻薬を混ぜて使われているようでした。

覚せい剤と言えば、あぶったり、注射をしたりと、摂取するのも大変なものですが、覚せい剤リキッドは簡単に摂取できるどころか、人前で吸ってもばれにくいことから、あちこちで広まる恐れがありますね。

覚せい剤リキッドはばれにくい

タバコは体に悪いから香りが楽しめる電子タバコを吸っているといえば、周りの人から理解を得ることができます。

さらに、香りを楽しむ電子タバコはいい香りがしますから、臭いではわかりにくい事でしょう。

このことから、周りから見ても覚せい剤を吸っているとは、わかりにくいことが予想されます。

入手することが簡単になってしまえば、一気に日本に覚せい剤が広まることもありえます。

2020年にオリンピックが開催されると決まった今、覚せい剤の取り締まりには特に力を入れてほしいですね。

どーなのくん

タバコ感覚で吸うことができる麻薬が日本に広まったら吸う人が増えるかもしれないね

周りにいる人も覚せい剤を吸うことになるの?

電子タバコはタバコのように、水蒸気を吸うものですから、もちろん吸った後は吐き出すことになります。

もし外で覚せい剤リキッドを吸う人がいれば、タバコの副流煙のように、周りの人も覚せい剤を吸うことになるのでしょうか?

現時点の情報では、これに関する内容には書かれていませんが、覚せい剤リキッドを吸っている人の息に覚せい剤が混ざっているのであれば、ありえない話ではないのではないでしょうか?

最悪な場合、麻薬を吸いたくない人にも被害が及ぶ危険性があることから、覚せい剤リキッドは本当に危険なものになりうるかもしれません。

どーなのくん

自分は吸いたくなくても、吸ってしまう恐れもあるんだね

軽い気持ちで覚せい剤に手を出すのは辞めよう

仮に、覚せい剤リキッドの入手が容易になってしまった場合、あなたの友達が吸っているということも考えられます。

あぶったり、注射をする必要もないリキッドは、簡単に吸うことができますから、ついつい軽い気持ちで覚せい剤をやってしまった。という人が現れることも考えられます。

覚せい剤の罪は重く、使用者には10年以下の懲役が科せられることがあります。

  • 覚せい剤の使用 – 10年以下の懲役(41条の3第1項1号)
  • 参考元:Wikipedia

健康被害も当然考えられますから、たった1度の覚せい剤があなたの人生を台無しにしてしまうことに繋がってしまうんです。

もし覚せい剤を使う機会があっても、絶対に使用しないようにしましょう。

どーなのくん

麻薬は健康被害だけじゃなくて、重い罪が課せられるんだよ

覚せい剤リキッドはとても危険なものかもしれない

今回は、覚せい剤リキッドについてまとめてみました。

まだ情報は少なく、断言できることが少ないのが現状ですが、周りの人にも被害が及ぶものであれば、とても危険なものになると考えられます。

皆さんも、軽い気持ちで麻薬は使わないようにしましょう。

どーなのくん

皆も気を付けよう!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です