日本で砂糖依存が問題に!甘いものがないとダメな人はうつ病や頭痛などの症状も!?

お砂糖たっぷりのおいしいスイーツは、疲れた心を甘く溶かしてくれますよね。

ですが、あまりにも食べ過ぎて、依存してしまえば、様々な病気を引き起こす原因になることになることをご存知ですか。

今話題になっている砂糖依存について調べてみました。

どーなのくん

甘いものは食べ過ぎると自分の身を亡ぼすことにもつながるんだね

砂糖依存症とは

今回話題になっている砂糖依存症ですが、そもそもタバコや麻薬でもない砂糖に、どうしてこんなに依存性があるのでしょうか。

それは、人間が血糖を有効活用するために分泌される「インスリン」の活発な働きと「ドーパミン」が原因です。

甘いものを食べて、血糖値が急激に上がったとき、インスリンが血糖を処理することから、体が低血糖だと勘違いして、甘いものを食べよう!とサインを送るんです。

さらに、砂糖は人間が幸せを感じるドーパミンを分泌させることから、また食べたい!と思うようになってしまいます。

  • 空腹感
  • ストレス
  • 砂糖から得られる幸福感

これらが一気に来てしまえば、砂糖を我慢するのはとても辛いことでしょう。

このことから、空腹でもないのに、甘いものを頻繁に食べたくなってしまい。肥満や肌荒れはもちろん。様々な弊害を及ぼす原因に繋がってしまいます。

また、糖分の摂取しすぎや、インスリンの不調が原因で、上手に血糖値をコントロールできなくなってしまえば

「低血糖症(血糖値を上手にコントロールできなくなる)」になってしまうことから砂糖依存症と低血糖症の2つの症状があなたを襲うことになってしまうかもしれません。

どーなのくん

ストレスを多く抱えている人は甘い物以外でストレスを減らすことを考えてみよう

砂糖依存症の弊害

ブドウ糖を分解するためには、ビタミンB1やカルシウムが必要になります。

これらが不足することで、脳がきちんと働けなくなり、精神的に不安定になってします。

このことから、砂糖依存はうつ病の原因にもなってしまうんです。

また、糖分の摂りすぎにより糖尿病やがんを引き起こす可能性を上げる原因に繋がります。

どーなのくん

甘い食べ物の過剰摂取を辞めるだけで、体調がよくなるかもしれないね

砂糖依存症の克服の仕方

3食きちんとご飯を食べる

砂糖依存症の可能性がある人は3食きちんとご飯を食べましょう。

きちんと食事をすることで空腹を防止して、甘いものが食べたい!と感じる機会を減らすことが出来ます。

スイーツやデザートがメインの食生活になっている人は、きちんとした食事をとるようにしてください。

日々摂取しているものを変えてみる

仕事中に毎日ジュースを飲んでいる人はお茶に変えたり、お菓子の量を減らしてみることで効果が期待できるでしょう。

日々の生活の中に密着している砂糖を別の何かに変えたり、減らしながら改善してみてください。

どーなのくん

甘いものを我慢するのは辛いかもしれないけどがんばろう!

甘いものは上手に食べよう

いかがでしたか。

今回は、話題になっている砂糖依存に関する情報をまとめてみました。

普通に食べるだけなら気にする必要はありませんが、甘いものが無いとだめっ!という状況がずっと続き、砂糖がないことが苦痛になっている人は

砂糖から距離を置くことで、様々な悩みが改善されるかもしれません。

コンビニに通い、甘いものを毎日、当たり前のように手に取っているのであれば、これを機にコントロールしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です